セフレがほしい掲示板まだ個人の好みとして受入れがたいもののようです

D(ホステスとして働く)「高級なバッグとかお願いしたら楽勝ですよね。あたしも、数人別々に同じプレゼントもらって自分用と全部売却」
筆者「えっ?贈り物買取にだすんですか?」
D(ホステス)「でもさ、皆も質に流しますよね?紙袋に入れておいてもそんなにいらないし、流行遅れにならないうちに新しい人に使ってもらった方がバッグの意味があるんじゃん」
E(十代、学生)ショックかもしれないですが、わたしもなんですけど質に流すタイプです」
C(銀座サロン受付)出会い系サイトを活用してそういったATMが見つかるんですね…私は一度もそういう発想自体ありませんでした」
筆者「Cさんの使い方は違うみたいですね。出会い系サイト内でどのような男性と絡んできたんですか?」
C「ブランド品なんて相手にねだったりはしてないです。そろってせふれ やめたいパッと見ちょっとないなって感じで、体目的でした。わたしにとって、せふれ掲示板についてなんですが、恋人が欲しくてやり取りをしていたのに体だけ求められても困りますね」
筆者「せふれサイトにアクセスするのはどんな出会いを知り合いたいんですか?
C「一番の理想は、なんですけど、医療関係者とか弁護士の方とか国立大在学中の優秀な男性がいいです。
E(現役国立大学生)わたしはというと、今国立大で勉強中ですけど、出会い系サイトの中にも出世しそうなタイプはいる。問題は、ほとんどはイマイチなんです。」
出会い系サイトの特色として趣味や嗜好に偏りの激しい男性を抵抗を感じる女性がなんとなく多数いるということです。
アニメやマンガにも慣れてきたようにかの日本でも、まだ個人の好みとして受入れがたいもののようです。
以前ここに載せた記事の中で、「出会い系サイトで結構盛り上がったので、楽しみに会いに行くと犯罪者だった」となる女性に関するお話を紹介しましたが、この女性がどんな行動をしたかというと、男性と終わりにならずに付き合う展開になったのです。
本人としては、「男性の見た目が厳つくて、断ったらやばいと感じ恐る恐るついていくことにした」ということですが、より詳細に話を聞いていたら、女性の興味を惹きつけるところもあって一緒に行ってみようと考えたようでした。
前科にも色々なものがありますが、包丁よりも長いナイフを使って傷つけたのは実の親だったのですから、危険だと考えるのが当然かも知れないと心の中では考える場合があるでしょうが、実際に話すと温厚そうな人で、子どもなどには優しいぐらいでしたから、気を許せる相手だと思って、恋人関係に発展していったのです。
その女性がその後どうしたかというと、気が付くと不審な行動をしているときがあったので、自分から勝手に家を出ていき、もう戻らないことにしたとその女性は語ってました。
他に誰もいないと思うだけでも圧迫感を感じてしまい、一緒に同棲していた家から、自分勝手だと思われてもいいので雲隠れをしたということなのですが、何とも言えない恐ろしさを感じたという部分が一番の問題ではなく、お互いに言い争う事になると、何でも力での解決を考えてしまい、暴行をためらわないような動作で威嚇する事があるから、求めに応じてお金まで出し、他の要求も断ることをせず、しばらくは生活をしていったのです。
出会いを求めるネットの場を使用している中高年や若者にお話を伺うと、ほとんどの人は、心淋しいという理由で、ごく短期間の関係さえ築ければ構わないと言う気持ちで出会い系サイトをチョイスしています。
つまるところ、キャバクラに行く料金ももったいなくて、風俗にかけるお金もかけたくないから、お金の要らないせふれ掲示板で、「手に入れた」女性で安価に済ませよう、と思う中年男性がせふれアプリという選択肢をを選んでいるのです。
そんな男性がいる中、女の子達は相違な考え方をしています。
「相手とすごく年齢が離れていてもいいから、料理ができてお金がある人を彼氏にしたい。せふれサイトに手を出している男性は8割9割はモテない人だから、中の下程度の女性でもおもちゃにできるようになるかもしれない!ひょっとしたら、カッコいい人がいるかも、中年太りとかは無理だけど、イケメンだったら付き合いたいな。ほぼ確実に女性はこのように考えています。
つまるところ、女性は男性の顔立ちの良さか金銭がターゲットですし、男性は「低コストな女性」を標的に出会い系サイトを使用しているのです。
両方とも、なるべくお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを探しているようなものです。
そんな風に、出会い系サイトを活用していくほどに、男は女を「商品」として捉えるようにになり、女もそんな己を「商品」として取りあつかうように考えが変わってしまうのです。
出会い系サイトを利用する人のスタンスというのは、女性を徐々にヒトではなく「物質」にしていく部類の危険な「考え方」なのです。

その男性との関係が進展して行く事になったのです岡山県神待ち

筆者「最初に、全員が神待ち掲示板に異性と交流するようになったのはなぜか、順番に言ってください」
今日揃ったのは、最終学歴中卒で、五年間自宅にこもってきたA、「せどり」で十分な収入を得ようと取り組みを続けるB、小さな芸能プロダクションでレッスンを続けて、アクション俳優を目指すC、すべての出会い系サイトを網羅すると語る、パートのD、それから、新宿二丁目で水商売をしているE。
5人全員二十代はじめです。
A(自宅パトロール中)「俺は仕事も何もしてないんですけど、ネットにつながっていたら、すごいきれいな子がいて、向こうからコンタクトとってくれて、そこであるサイトに登録したら、メアド教えるって言われて会員登録したんです。その子とはメッセージも来なくなっちゃったんです。けど、見た目が悪くない女性はいたので。」
B(せどりに)「登録してスグはやっぱり、自分も直アドが聞きたくて。モデルみたいな人で、タイプだったんです。もっとよく知りたいからアカウント作って。そのサイトについては、サクラの多いところだったんですが、そこまで問題なくて未だに使い続けています。
C(プロダクションで訓練中)「私はというと、役作りになるだろうと思って利用を決意しました。出会い系サイトを利用するうちにないと生きていけないような役に当たってそれから自分も利用するようになりました」
D(アルバイト)「僕なんですが、友人でハマっている人がいて、話を聞いているうちに始めた感じですね」
それから、5人目であるEさん。
この人についてですが、他の方と大分違っているので、ハッキリ言って1人だけあまり参考にはならないでしょう。
つい先日の記事において、「出会い系サイトでは良さそうだったものの、会うことにしたら犯罪者だった」と言った経験をした女性の話がありましたが、なんとその女性はそのまま、その男性との関係が進展して行く事になったのです。
その時の状況が家出掲示板「男性がやくざにしか見えず、怖さで何も考えられずひとまずついて行っただけ」との話だったのですが、本当はそれだけの理由ではなく、魅力的な所もたくさんあったのでそのまま一緒にいった所もあったようです。
前科にも色々なものがありますが、そこそこ刃渡りのあるナイフを使って実の親を傷つけてしまったという事だったので、危険だと感じてもおかしくないと多くの人は考えるでしょうが、実際に話すと温厚そうな人で、結構親切にしてくれるところも多く、注意するほどではないと思って、分かれるのではなく付き合い始めたのです。
彼女も最初は良かったようですが、男性におかしな行動をする場合があったので、自分から勝手に家を出ていき、付き合いをそのまま終わりにしたという事になったのです。
何か変な行動をした訳でも無いのに怖さを感じるようになり、同居しながら生活していたのに、今のうちに離れていこうと出来るだけ急いで出ていったということですが、普通とは違う雰囲気を感じた事も理由としてはあったようですが、ちょっとした言い合いにでもなると、力で納得させようとするし、暴力的な部分を見せる動作で威嚇する事があるから、次第に必要ならお金まで渡し、他の要求も断ることをせず、そのままの状況で生活していたのです。
D(ホステスとして働く)「高級なバッグとか頼んだらちょろくないですか?あたしもそうなんだけど、複数まとめて同じの注文して1個除いて売却用に分けるよ」
筆者「マジですか?お客さんのプレゼントが現金に換えるんですか?」
D(キャバ嬢をしている)「けど、皆も質に流しますよね?飾ってたって案外場所取るし、旬がありますし、新しい人に使ってもらった方がバッグは使うものなので」
E(国立大に通う十代)すみませんが、Dさん同様、私も買取にだしますね」
C(銀座のサロンで受付担当)出会い系サイトには複数のATMが見つかるんですね…私は一度もトクしたことはないです」
筆者「Cさんに聞きたいんですが、出会い系サイトを使ってどういう男性とおしゃべりしたんですか?
C「高級ディナーに連れて行ってもらった出会いはありませんでした。どの人も写真とは違うイメージで女の人と寝たいだけでした。わたしの話なんですが、神待ち掲示板についてなんですが、この人はどうかなって待ち合わせしたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「神待ち掲示板ではどういう相手を探しているんですか?
C「一番の理想は、承知で言うとお医者さんとか弁護士の方とか国立大在学中の将来も有望な人がタイプです。
E(現役国立大学生)わたしはというと、今は国立大にいますが、神待ち掲示板回ってても、同じレベルの人間はそれなりにいます。問題は、偏りが激しい人間ばっかり。」
神待ち掲示板に関しても、オタクに対して嫌悪感を感じる女性はどことなく大多数を占めているようです。
クールジャパンといって親しんでいるように見られがちな日本でもまだ個人の好みとして受入れがたい育っていないようです。
質問者「もしや、芸能界で売り出し前の人って、サクラでお金を貯めている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(とある芸能人)「そうだとよく耳にします。サクラの仕事って、シフト他に比べて融通が利くし、私たちのような、急にステージの予定が入ったりするような仕事の人には丁度いいんですよ。予測不能の空き時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「変わった経験になるよね、女として接するのは易しいことじゃないけど俺らは男目線だから、自分の立場からかけられたい言葉を向こうに伝えればいい訳だし、男側の気持ちはお見通しだから、相手もやすやすと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ働き)「逆を言うと、女の子でサクラをやっている人は利用者の心理がわかってないからはっきり言うと下手っすよね」
筆者「女性のサクラよりも、男がサクラをやる方が向いているのですか?」
D(芸能事務所関係者)「はい、そうですね。優秀な成績を残しているのは大体男性です。とはいえ、僕なんかは女性キャラクターを作るのが上手くないので、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(某有名芸人)「基本、正直じゃない者が成功する世界ですね…。女性になりきるのがなかなか大変で…僕も苦労してます」
筆者「女キャラクターをやりきるのも、かなり苦労するんですね…」
女性キャラクターである人の演じ方についての話に花が咲く一同。
その中で、ある言葉をきっかけとして、自称アーティストのCさんへの好奇心が集まったのです。